あざ・打撲の治療法

 当サイトでは、あざ・打撲の種類(青あざ・黒あざ・赤あざ・茶あざ)、症状(顔・胸・腰・皮膚・指・足)の手当て・治療法の解説しております。

あざ・打撲の治療法の解説

 当サイトでは、あざの種類(青あざ・黒あざ・赤あざ・茶あざ)、症状(顔・胸・腰・皮膚・指・足)の手当て・治療法に関する情報を専門に解説しております。
 また、乳幼児・赤ちゃんの生まれつきの先天性のあざに対しても詳しく掲載しております。
 打撲とは何らかの外部の大きな力が加わる、もしくは固いものにぶつけるなどした際に発症する障害です。
 この際、細胞組織、皮下組織において変色が見られるケースがあります。
 しかし、これらの打撲からなる内出血におけるあざと、先天性・後天性の「あざ」に関しては医学的には分別が必要です。
 医学的な「あざ」とは根本的にメラニン色素の異常によるものと認識されます。
 当サイトが打撲、あざ症状にお悩みの方、また詳しい障害についてお調べの方のご参考になれば幸いです。

あざ・打撲の治療法の解説(メニュー)