あざ・打撲の治療法

 当サイトでは、あざ・打撲の種類(青あざ・黒あざ・赤あざ・茶あざ)、症状(顔・胸・腰・皮膚・指・足)の手当て・治療法の解説しております。

茶あざとは?(カフェオレ斑/扁平母斑)

 茶あざとは、茶色に見えるあざの事で別称
●カフェオレ斑
 とも呼ばれます。
 これはカフェオレが茶色い色をしている点から名づけられている事が容易に想定できると思います。
 医学的な正式名称においては
●扁平母斑
 という名称が正式な呼び方となります。
 扁平母斑は先天性のケースが多く、生まれつき下肢の付け根部分や、膝部分などに存在するケースが多く見られます。
 茶色に見える原因は、他のあざ同様メラニン色素の沈着によるものです。

べッカー母斑とは?

 茶あざの中で、思春期を過ぎた頃に突然発症する茶あざの事をべッカー母斑と呼びます。
 べッカー母斑の特徴は
●腹部・臀部
●肩
●胸部

 などの一側面にのみ現れやすいという独特の特徴があります。
 茶あざの発症部位には、固い毛が生えてくるケースもあり、こちらも精神的な負担となるケースもあります。
 思春期を過ぎた時期に発症する茶あざの治療に関しては
●植皮手術
 などによって治療を検討していくケースもあります。

あざ・打撲の治療法の解説(メニュー)