あざ・打撲の治療法

 当サイトでは、あざ・打撲の種類(青あざ・黒あざ・赤あざ・茶あざ)、症状(顔・胸・腰・皮膚・指・足)の手当て・治療法の解説しております。

あざ・打撲の治療法の解説【赤あざの特徴・原因について】

医療機関・病院について

 あざの治療では、現在のところ主流の治療法は以下の方法が主流となっております。
●レーザー照射治療
●皮膚の切除手術(黒あざなどのケース)
●植皮手術(茶あざなどのケース)
●局所皮弁手術

 これらの治療を行うのは一般的には形成外科が主流となります。
 しかし、診察段階では、まずは皮膚科を受診するようにしましょう。
 皮膚科では根本的な皮膚の病気、アレルギー症状などを総合的に判断します。
 また、内服薬による治療が可能なケースでは、治療費用も大きく変わってきます。
 その後、形成を紹介される場合は、レーザー治療や、手術療法を検討する事になります。

ほくろはあざ?(豆知識)

 誰でもある「ほくろ」ですが、これは医学的には黒あざとして認識されます。
 これはほくろの原因が、メラニン色素成分が原因である為です。
 生まれたばかりの赤ちゃんにはほくろはひとつもありません。
 しかし、黒あざと言っても、通常のほくろ程度の大きさの黒あざには悪化性の危険性はありません。
 ほくろの数が多少多い範囲では過度な心配は必要ないでしょう。
 しかし、黒あざの範囲が大きく広がるようなケースでは、何らかの異常が発生しているケースも考えられます。
 この場合は、念のため皮膚科の診察を受けるようにしましょう。

あざ・打撲の治療法の解説(メニュー)